【危険すぎる!?】アメリカ人観光客に家を買われそうになった話〜世界一周旅行記⑭〜

こんにちは、Yui(@yui_active)です。

さて、前回はホーチミンの人民委員会庁舎の前であるアメリカ人男性と出会ったのでした。
そのアメリカ人男性ともひと悶着あったので、今回はその件に関して書いていきたいと思います。

というのも、女一人で世界一周したと言ったら、よく聞かれるのがこちら!

え、一人で危なくなかったの!?!?

これは本当によく言われます。笑
その度に私は(まあ色々あったけど結果生きて帰れてるし)楽しかったよ〜と答えてるのですが、なんかそれってリアルじゃないなあと。

そこで、こちらの世界一周旅行記では良いところだけじゃない悪いところも紹介していくので、もし一人で長期に渡って旅行する場合は何に気をつければ良いのかの参考にしてもらえればなと思います。

※これは私の過去の世界一周旅行記です。旅行雑誌のように楽しんで貰えればと思います。
※途中人名が出てくる場合もありますが、基本は仮名です。

色々騙される話も出てきますが、私の警戒心のなさが原因です。
現地の人や観光客が悪いわけではありません。
その分後半は良い人もたくさん出てきます!笑

アメリカ人男性との出会い

さて、人民委員会庁舎を見て、戻ろうとした私はあるアメリカ人男性に声をかけられました。

ポール
ポール
やあ、一人で観光してるの?僕はポール、アメリカから来たんだけど君は?
アホYui
アホYui
一人で観光してるよ。私はYui、日本出身だよ。
ポール
ポール
え、僕日本大好き!もしこの後何も予定なければ一緒にまわろうよ、そして日本について教えてよ!
アホYui
アホYui
いいよ〜。

まあこの時点では仲良くなるのも無理はないですよね。
結構第一印象は良かったです。

私自身、ホーチミンではあまり英語を話せる人がおらず、現地の人とも滞在先の方を除いて仲良くなれていなかったので、誰かと話したかったのもあります。

また、ホーチミンで女一人でぶらいついてると、本当に客引きが激しくて少しうんざりしてたところもあって、ポールと行動を共にすることにしました。

スリ・タンディ・ユッタ・パニ

こうして、最初に連れてきてもらったのはヒンドゥー教の寺院
あんまり人が多くなくて穴場スポットと言われました。

余談ですが私は穴場スポットという言葉にめっきり弱いです。笑

この寺院はサイゴンスクエアから近くにあって、カラフルで可愛いと有名な寺院です。

これが入り口。
少し私の写真じゃわかりにくいですが、本当に綺麗なんですよ!

特にカラフルなタイルが有名です。

ベトナムナビから写真を引用させていただくと、こんな感じです。

中に入ったらこのように広々とした参拝所があります。


これが有名なタイル

この寺院は、本当にきれいなんですが、もう一つの有名な寺院:スリ・マリアマン寺院の影に隠れることが多くて観光客は少ないらしいです。

実際私が行ったときもあまり観光客はおらず、しずかで厳かな雰囲気でした。

私はスリ・マリアマン寺院には行きませんでしたが、ぜひ両方行ってみて、比較するのも面白いかもしれません。

中央郵便局

寺院を見た後にポールがまさかの提案をします。

ポール
ポール
郵便局に行こう!

え、なんで郵便局??ってなりますよね。笑
まあ、ポールが手紙を出すんかなと思い、そのまま着いていくことにしました。

すると、着いてからびっくり!

私の知っている郵便局じゃなかったんですよ。

これです。これがまさかの郵便局
ホーチミンクオリティすさまじい。笑

ポールに話を聞くと、ホーチミンの中央郵便局はすでに観光地化されていて、内部もとても綺麗なので、観光客が多く集まるそうです。

ポール疑ってすまんかった。笑

ということで、内部に入ります。

これが郵便局なんて信じられませんよね。

重要文化財にも指定されているらしいです。
壁に飾ってあるのはおなじみのホー・チ・ミンさんです。

そしてこの郵便局、観光地なので内部にツアーデスクや、お土産屋さん、両替所もあります。

もちろん、郵便局としてもきちんと機能しているみたいなので、私はこの時当時付き合っていた彼氏に手紙を書いて送りました。笑

こうして中央郵便局を満喫した後は、夕食に行こうということで、少し散策をした後、ポールおすすめのモール:ビテクスコ・フィナンシャルタワーに入ります。

夕食

ビテクスコ・フィナンシャルタワーに入ります。

私は今まで結構THE★庶民という感じのローカルレストランにしか行っていなかったので少し緊張しました。笑

ただ、今更どうこうすることもできず、ついていきます。
お財布の中身が気になるところですが、まあなんとかなるだろうと思って気にしないことにします。

そしてかなり高級そうなレストランにつきました。

まずはドリンクを注文します。

あまりにも高かったからはっきり値段を覚えているんですが、これらのドリンクだけで一杯1,500円ですよ!笑
(ホーチミンの物価では1,500円あれば3食十分に食べれます。笑)

マンゴードリンク。

大事そうにちまちま飲んでると、ポールがもういっぱい飲みなよと進めてくれ、半ばやけになってパッションフルーツジュースも頼みました。

そして夕食は、!まさかの、ホーチミンに来て蟹でした。笑

これで確か3,000円ぐらいでした。

本当に美味しかったんですが、なんというか、アジアではない味がしました。笑

最後にデザートもということだったので、抹茶のティラミスを頼みます。

この抹茶のティラミスはもう数年たった今ですら時々思い出すぐらい美味しかったです。

そしてバトル勃発へ・・

そして気になるお会計の時・・・。
私はまあ観光も連れて行ってくれたし、私が出すかと心を決めてカードを出したんですが、そんな私にポールが一言。

ポール
ポール
払っといたよ。気にしないで。

え〜〜イケメン!
ということでありがたくごちそうさまをしました。

まあ、これだけならただの良い人で終わるんですが、それだけで終わらないのが私です。笑

そもそも何もなかったら、見知らぬ人にご飯おごったりしませんよね。
私は今回の旅行前でもありがたいことに結構おごってもらえる機会が多かったので、慢心していたのだと思います。
反省ですね・・。

その後、ポールは少し夜景を見に行こうと誘ってくれます。
私も良いよと気軽に答えてついていきました。

楽しく会話をしてると急に、携帯で家の写真を見せられました。
そして一言。

ポール
ポール
ねえ、どの家に住む?

ネエ、ドノイエニスム??
正直最初は私が英語理解できなくなったのかと思いました。笑

しばらく考えて、あ、これがアメリカンジョークかと判断した私は

アホYui
アホYui
この家とか軽そうでホーチミンまで輸送できるね!笑

冗談で返します。
するとポールは

ポール
ポール
ふーん、君はこんな家がタイプなんだね。僕は今アメリカの〇〇市に住んでるんだけど、そこに住む形で良い??

と答え、どうも話が噛み合いません。

そこで初めて、もしかして私口説かれてる??と気が付き、改めて彼氏がいることを伝え(会話の中で最初に伝えてた)断ります。

すると・・・。

ポール
ポール
でも君は今一人だよね?もし彼氏ならなんで今ここにいないの?結婚はしないんでしょ?だって僕と結婚するんだもんね。

と一向に譲りません。

なんというポジティブモンスター

その後何度も話し合うんですが、一向にこちらの話を聞いてくれず、困った私は禁じ手を使います。

アホYui
アホYui
私実は日本に3人子どもいてて、実は彼氏に預けてるんだよね。だから彼氏は一緒に来れなかったの。

ポールは最初は信じられないと言ってましたが、私が詳細をでっち上げてそれらしく話すと、君はクレイジーガールなんだね・・。という一言だけ残し、諦めてくれました。笑

さすがに私も申し訳なかったんで、今回の晩ごはん代だけでも返そうとしましたが、そんなはした金いらんと言われたのでそのままおごられる形になりました。

結婚してるとか子どもいるとかは嘘では言いたくなかったんで、この手だけは使いたくなかったんですが、もうやむを得ませんでした・・・。

こうして無事?一人になれた私は滞在先の英語教室に戻り、次の日からカンボジアに行く準備をするのでした。

教訓になるのかどうかわかりませんが、今回のホーチミンの件から得たことをまとめると、

  • タクシーを使うときは客引きについていくのではなく、出来る限り自分で呼び止めたタクシーを使え
  • 客引きでついていっても良いけど、必ず目的地・金額を明確に最初に交渉しておくこと
  • 知らない人に声をかけられた場合はたとえ同じ観光客であっても警戒すること
  • ついていったとしても、絶対に密室で2人にならない
  • タダで嬉しい話があると思うな

これぐらいですね。笑

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。

色々騙される話も出てきますが、私の警戒心のなさが原因です。
現地の人や観光客が悪いわけではありません。
その分後半は良い人もたくさん出てきます!笑

Booking.com