【プノンペンに行くなら絶対見るべき!】王宮の魅力伝えます〜世界一周旅行記⑱〜

こんにちは、Yui(@yui_active)です。

さて、前回詐欺師と出会った話について書きました。
ただ、まあ詐欺師とは言っても、騙されてることにまだまだ気が付かないのでしばらく平和です。

騙された話ばかりだと楽しくないので、今回はプノンペンで絶対に見ておきたい王宮の見どころとそこで出会った人に関して書きます。

アホYui
アホYui
今回も少し癖のある人との出会いがあるけど、観光地メインで楽しんで読んでね!

色々危険な目にもあったんですが、その分色んな経験ができたので、ぜひ楽しんで読んでもらえればと思います♪

一人で長期に渡って旅行する場合の参考に慣れば幸いです。
あるいは、こんな馬鹿なやついるの!?という目で温かく見てもらえると嬉しいです。笑

※これは私の過去の世界一周旅行記です。旅行雑誌のように読んでください。

早朝に王宮に向かう

さて、ついに王宮
ということで、私はワクワクしながら王宮に向かいました。

皆様、もしどこかの観光地に行くときは何時から開いているか確認して行きますよね。
当然私も普段はそうしてます。

ただ、当時の私は頭に虫がわいていたのか朝6時に王宮に向かったんですよ。

正直何を考えていたかは覚えてませんが、多分

アホYui
アホYui
早く行けば早く入れる!

とでも考えていたんでしょう。狂ってますね。

まあともかく、そういうわけで、早朝に王宮に着きました。

当然のごとく閉まっているので、周辺をぶらぶらします。

王宮の目の前に広場があったので、そこで門が開くのを待ちます。

王宮前で出会った人たち

すると、急に現地のカンボジア人3人に声をかけられました。
ただ、彼女らはカンボジア語を話していて、私はカンボジア語が全くわかりません。

全くわからないからごめんということを英語で伝えますが、彼女らには伝わらない。

人は全く意思疎通のできない相手と一緒になるとどうなるかわかりますか?

ご飯を一緒に食べるんですよ。
なぜか、身振り手振りで一緒に朝ごはんを食べることになります。

いや〜ボディランゲージって偉大ですね。

彼女たちはご飯を買いに行くからちょっとだけお金をくれと伝えてきたので、確か50円ぐらいだけ渡しました。

え、それで足りるの?という感じなのですが、彼女たちに請求されたのが50円ぐらいだったのでそのまま渡します。

そして、戻ってきたらこれ。

少しだけ解説すると、ピンクの入れ物に入ってる透明のやつは今まで食べたことがない味がしました。
フルーツなのか野菜なのかそれ以外か、本当にわからないんです。笑
若干酸っぱかったことだけ覚えています。

彼女たちは解説してくれましたが、もちろん私はわかりません。

そして右上のマンゴーはに私が書いたこの世の中で唯一まずいマンゴー、そう塩漬けのマンゴーです。

真ん中のは、その右は卵となんかの虫だった気はしますがあまり覚えてません。
そして黒いのはコオロギみたいな虫です。(虫苦手な方ごめんなさい。)

虫は少し苦手ですが、それ以外を食べようとすると、彼女らがもてなしてくれることこの上なし!

貝は殻をむいてくれて、虫は羽と足をもいで食べやすくしてくれて、マンゴーも食べさせてくれて、いたれりつくせりでした。

正直虫は本当にやめてほしかったんですが、私のために3人が3人とも羽と足をもいでくれるんですからね。

食べないわけにはいきませんよね・・・。笑

そして、全く言葉はわかりませんでしたが、彼女たちのおかげで楽しく過ごして、ついに門があきました。

お礼を言って別れようとすると、彼女たちがお金をくれと言います。

アホYui
アホYui
まあここまでよくしてもらったら当然だよなあ

と思いながら、いくら?と聞くと、10円!と言ってきたので、さすがに申し訳なく思って若干色をつけてそれぞれに100円分ずつぐらいあげました。
(もっとあげたかったんですが、そのとき財布に現金がそんなに入ってませんでした。笑)

めちゃくちゃ喜んでくれてよかったです。

まあ彼女たちからしたら、外国人をもてなしてお金をもらおう!という気持ちだったのでしょうが、事実彼女たちのおかげで退屈せずにすんだので良かったです。

こういう出会も楽しいですよね♪

ついに王宮の中へ

ついに王宮の中に入ります。

王宮の中はこのように、綺麗に手入れがされた庭があります。

正直、王宮の外は車がうるさいし、治安も悪そうなので、本当に別世界みたいでした。

本当にきれいですね!当時のiPhone5で撮ったとは思えないクオリティです。

そして一番のみどころ、玉座のある広間へ行きます。

王座のある広間

王座のある広間では人気な場所だけあって、多くの人がたむろっていました。

外部は写真を撮って良いんですが、内部は写真撮影禁止です。

周辺をぶらぶらします。

この辺を散策した後はシルバーパゴダへ向かいます。

シルバーパゴダと舎利塔

シルバーパゴダというのは今調べたら王宮の隣にあるみたいです。
当時はこれも王宮の中だと思ってました。笑

この手前では舎利塔と呼ばれる建物があります。
舎利塔というのは多分仏教用語だと思います。(詳しくはわからない)

おそらく偉い王様の銅像もありました。

なにがなんだかよくわかりませんが、とにかく綺麗です。
私はこういう雰囲気がとても好きなので、テンションがずっと上がりっぱなしでした。

全体図

ただ、こんなに広い王宮、全体図ほしくなりますよね?

アホYui
アホYui
ちゃあんとあるんですよ♪

立体じゃないとわかりにくいですね。

当然の如くあります。

まあでも私は地図が読めないので、広いな〜という感想しか生まれませんでした。
もし行かれることがあれば、自分がどこにいるのか考えながら歩いても楽しいかもしれませんね♪

おまけ

その他にも王宮には魅力がいっぱいです。

このような柱に龍が描かれてある長―い塔もあります。

これほんと長いです。iPhoneの限界。

そして

貴族の乗り物見つけた!

と思ったらその後ろにまた

ちょっと怖目のお地蔵様

美人なお姉様方。

そして壁に描かれてある綱引きをする人たち

いや〜ほんと見どころいっぱいですね!

ほんの少しでも王宮の魅力が伝われば嬉しいです♪

こうして、プノンペンで王宮を満喫した後は、例の詐欺師と落ち合ってからシェムリアップに移動します。

次回は詐欺師とのやり取りとシェムリアップまでの移動を書きますね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Booking.com