【アンコールワットに行く前に!】絶対に見たい観光地〜世界一周旅行記⑳〜

こんにちは、Yui(@yui_active)です。

さて、前回シェムリアップまでの移動について書きました。
今回はアンコールワットに行く前に見た場所に関して書きます。

前回お伝えしたとおり、私は気が狂っていたので、6キロほど離れたアンコール遺跡に自転車で行こうとしたのでした。

アホYui
アホYui
絶対車で行ってね!

めちゃくちゃしんどかったんですが、その分途中で色んなものを見れたので、今回はそれを紹介していきます♪

流石に異国の地で道も分からない中、6キロチャリで行くバカは私ぐらいだと思うので、馬鹿なことしてるなあと温かい目でてください。笑

一人で長期に渡って旅行する場合の参考に慣れば幸いです。
あるいは、こんな馬鹿なやついるの!?という目で温かく見てもらえると嬉しいです。笑

※これは私の過去の世界一周旅行記です。旅行雑誌のように読んでください。

アンコール遺跡までの自転車旅開始

さて、アンコール遺跡から約6キロはなれたところで宿泊をしていた私でしたが、何を思ったのか

アホYui
アホYui
1キロなら10分ぐらいで行けるから、6キロだったら60分漕げば到着するのか、大丈夫そうだな

と思い、チャリで行くことにします。

これは私の長所でもあり短所でもあるんですが、私は考える前に行動します。

冷静に考えれば、道中でネットは使えず、迷子になったら終わるとわかると思うのですが、なんとなく行けると思ったら最後、秒速で自転車を借りて、そのまま出発したのでした。

アホYui
アホYui
この行動力他のところに活かしたい。

ちなみにこれは私の名誉のために行っておきますが、オフラインで使えるMaps.meというアプリは入れてました。

このアプリは、あらかじめ利用する土地の地図をダウンロードしておけば、オフラインでも検索などできて、非常に便利です!

ただ、私は超ド級の方向音痴なんですよね。
というわけで最終的には見事に迷います。笑

当時は方向があってるかはわからないまま、とりあえず前に進みました。

この時点では道があってるのかどうかはわかってなかったんですが、とりあえず人の行く方向に行くことにします。

が見えてきました。
私は門を見たらそれが地獄の門であろうと中に入らずにはいられない性質なので中に入ります。

何かのお祭りでしょうか。

何かで盛り上がってるのはわかったんですが、言語が一切わからないので雰囲気だけ味わってまた周辺をうろつきます。

どこかは全くわからないのですが、こんな建物があって、個人的には好きでした。

ワット・プレアー・プロム・レイス

少し自転車を漕いでいると、またまた綺麗な門を見つけました。

もちろん近づきます。

中に入ってみます。

おお・・!!

すぐ側を見ると他にも綺麗な建物が。

そして周辺にも様々な美術品?が!!

この船とかゴテゴテで最高です。

後から知ったんですが、ここはワット・プレアー・プロム・レイスというその土地では有名なお寺でした。

このお寺は他のお寺と比べてもきらびやかで見応えがあります!

私はこういう建物が本当に好きなのでとても楽しかったです。

広い!そして綺麗。

これで入場料無料なんですよ。

すごいですよね。

じっくり満喫して、また進みます。

本当に綺麗だった!

アンコール国立博物館

そして再度あてもなく、自転車を漕いでいると、何か大きい建物が。

とりあえず近づきます。

さらに近づくとアンコールの文字が!

これはアンコールワットに違いないと近づいていくと、遺跡というよりも近代的な・・。

そうです。よく見ると博物館でした。

ただ、なんとなく有名そうなので、中に入ることにします。
実際にアンコール国立博物館というシェムリアップを代表する博物館でした。

また、博物館に免税店(Tギャラリア)が隣接しているので、お買い物にも便利です。

中が吹き抜け式になっていて、浅いプールみたいな場所があります。

ちなみに、この博物館のすぐ近くにリージェンシーアンコールホテルがあります。

周辺もきれいです。

この他にもたくさんの見所があったはずなんですが、写真が見つからないので先に進みます。

Toek Vil 農業研究所

そして大体察してるかもしれませんが、ここまで来たらもう本当に迷子です。笑

アンコール国立博物館で、絶対近いと確信したんですが、実際直線距離で5キロ以上離れているので、絶望的ですね。

とりあえず先に進みます。

すると私大好きながありました。

当然のごとく中に入ります。

何か面白そうです。

とりあえず入れるところに入ります。

さすが農業研究所なだけあって、自然が大量でした。

ヤギも居ました。

そして日が暮れてきたので、そろそろ引き返すことにします。

というわけで、シェムリアップ観光1日目はアンコール遺跡を目指したはずが、全然違う場所に着いてしまったのでした。

でも楽しかったので結果オーライです。

最後の農業研究所は別にいらないかもしれませんが、アンコール国立博物館ワット・プレアー・プロム・レイスだけは絶対に行ってほしい場所です。

次の日は無事たどり着けるんでしょうか。また書いていきます。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Booking.com